万桜(まお)ちゃん☆

5月11日 午後8時43分
3516g 元気いっぱい生まれてきました~
虫明さん・日高さんにさすってもらって陣痛も乗り越えられました。
位置といい強さといい、やっぱりgood!でした。
夫も助産師さんにはかないません(笑)

寿樹を出産後、しっかり授乳をしてあげれず、
あげたいのにあげれないと悩んでいた頃たんぽぽ助産院に出会いました。
スタッフの皆さんの温かさに「2人目ができたらたんぽぽで!」と、夫と決めていました。
たんぽぽに着いて約2時間で、あっという間の出来事。
虫明さん・日高さんがずっとそばに居てくれて心強かったです。
最初は1歳11ヶ月の息子を立ち会わせることに不安もあり、
手がかかるだけになるかな?と思いましたが、
何かを得てくれるのではと、立ち会ってもらいました。
陣痛の時は“かぁか”と言いながら手を握ってくれました。
万桜が生まれてくる瞬間は真剣、そして誰よりもよいポジションで迎えてくれました。
生まれた直後から万桜にべったり~立ち会ってもらって良かったです。

寿くん~心配そうに手を握ってくれる姿は「男だね~♪」
安産とはいえ、やっぱり痛かった出産ですが、
アイスを食べている数分間、
食べ終わるのを待ってくれてるかのように全く陣痛が来ず、
虫明さん・日高さんと笑いあったり。
希望通り、生まれてこようとする万桜の頭をさわらせてもらったり。
何より家族3人で万桜を迎えることができて、楽しく感動的なお産になりました。
学生さん、うちわであおいでくれたり素敵な写真をありがとうございました。

へその緒は“とぉと”がチョッキン☆
10ヶ月間、命をつないでくれてありがとう。

初抱っこ。キレイなピンク色の肌。
あったかいね。

ヒロ君(パパ)へ
「あの時間は男にはツライ(笑)」と言いながら、
今回も立ち会ってくれてありがとう。
最後はヒロ君に手を握ってもらって安心したよ。
私たち夫婦の子として生まれてくれた寿樹と万桜に感謝しながら
これからも大切に育てていこうね。
ヒロ君と結婚して良かったヨ~ッ♪♪

パパより
出産するまでずっと隣で応援することができてとても安心して過ごせました。
へその緒を実際に触って、切らせてもらえた事も貴重な体験でした。
長男の時は生まれてからお乳が出にくくて、とても大変でした。
でも今回は皆さんのおかげで前回がウソのようにお乳が出て、
上手に飲ませることができるのでとてもイイ表情をしてくれてます。
その姿を見るのがとても嬉しいです。
元気な赤ちゃんを産んでくれてありがとう。

生まれたての赤ちゃん抱っこは久々で、やっぱりぎこちない~ッ

学生さんよりメッセージいただきました。
ソワニエの中下くんより
人生初の立ち会い。
歩さんを囲んで旦那さん・寿くんが応援している場面が印象的です。
無事に万桜ちゃんが生まれてきた時は
金澤家の皆さんと共に幸せな気持ちになれました。
男子学生の自分の立ち会いを受けてくださりありがとうございました。
貴重な学びができた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
ソワニエの内田さんより
分娩に立ち会ったのは人生初です。
カメラマンを任され「記念に残る写真をッ!!」と、
シャッターチャンスを狙って写真を撮り続けました。
(どうでしょうか?よい写真になっていますか?)⇒最高!!
万桜ちゃんが生まれてきた瞬間はとても感動しました。
とても貴重な経験をさせていただき、金澤さんファミリーには感謝感謝です。
これからも素敵な家族・家庭を築いていってくださいね。
倉看の川﨑さんより
出産後から金澤さんを受け持たせていただきました。
万桜ちゃんが元気にスクスク育ちますように。
乳房マッサージや授乳なども見学させていただき、
学びの多い貴重な実習になりました。
ありがとうございました。

最初の『チュッ♪』は“にぃに”がいただきッ!
小さな応援団長 寿樹へ
いつもなら寝てる時間なのに、わがまま言わず
生まれてくるその時を待っててくれてありがとう。
「まおちゃん、まおちゃん」と側から離れない姿はもうすっかりお兄ちゃん。
これからいっぱいケンカしていっぱい遊んで仲良し兄妹でいてね。
寿くん~小さな応援団長~ありがとうねッ☆

パパから寿くんへ
入院中ママと会えなくて寂しいのをよく我慢してくれたね。
わがまま言わず頑張り屋さんな姿にビックリしたよ。
出産の時も一緒に付き合ってくれて嬉しかった、ありがとう。
パパから万桜ちゃんへ
元気に生まれてくれてありがとう。

「僕、お兄ちゃんになりました。」

楽しみにしていた初おっぱい。お味はいかが?

すぐに駆けつけてくれた“じぃじ&ばぁば”
これからもよろしくお願いします。
プカプカお風呂タイム~

『万桜ちゃん』
桜は春の訪れ。
見る人の多くを温かく幸せな気持ちにしてくれます。
この子にもそんな心温かい人になってほしい。
そして何より、この子の人生に万の花(幸せ)が咲きますように、
と願いを込めて『万桜』と命名しました。
万桜の人生に満開の桜が咲いて幸せが余ったら、
大切な人に分けてあげてね。