颯大(そうた)くん☆

5月10日 午前0時08分
3496g 元気いっぱい生まれてきました~

日高さんより~
パパと雄大くんが見守ってくれる中で、とても上手にスムーズにお産をされました。
分娩室で陣痛に耐えるママの周りをクルクル走り回っていた雄大お兄ちゃん。
頑張っているママのオナカに寄りかかったり腕をゆすったり…
「痛いからあっちに行って~」とおっしゃるママも多いものですが、
川上さんはニコニコしながら「雄ちゃん~今はゴメンね~」と
優しく言い聞かせていたのが印象的でした。

ママが落ち着いてお産に向き合っておられたからでしょう。
どんどんお産が進み、
元気いっぱいムチムチ・ツルツルの颯大くんが生まれてきてくれました。
川上さん、お疲れさま~
とっても素敵なお産でしたよ。

助産学生の村上さん~
びっくりしました。「お産ってこんなに明るくていいのかしら?」という感じ。
あとで川上さんに聞いたら「私はそんなに痛くなかったのかも」とおっしゃっていましたが、
いやいやそんなことはないでしょう。
川上さんはずっと小さな机の上のクッションに寄りかかって座っていて、
雄大お兄ちゃんが最後まで周りでチョロチョロしてて、
陣痛の合間に「雄ちゃん〇〇したらダメよ~」と言ってるので、
てっきりまだまだ本格的ではないんだと思っていたら…
横になった途端に、あれよあれよという間にお産が終わってしまいました。
まだ助産院に来て3時間くらいしか経ってないですよね?

お産に必死になっていた一同!
お産が終わった途端に、部屋が暑かったことにやっとこ気付き…
虫明先生が「写真を撮ろう!」と全員集合するも、みんな汗ダラダラで。
虫明先生は「ああ、眉が消えてる~」を繰り返しおっしゃっている。
大森さんに「眉のいれずみがあるそうですが、どうでしょうか?」と問われ、
「う~ん、これからの季節それもイイねッ」なんて、真剣に考えている様子。
助産学生として初めてお産に立ち会わせていただきましたが、
お産ってもっと、「ああ大変だったね、良かったね」いいながら涙するもんだと思っていましたが、
たんぽぽのお産は生まれた途端、「わーいわーーい」とはしゃいでいる感じ。
後日川上さんも「今回のお産は楽しかったですよ~」とおっしゃっていました。

大森さんより~
お産をしている間中、お兄ちゃんと友達のように過ごせたこと、
仕事をしているとは言えなかったけど?とっても楽しかったですッ!
雄ちゃん最後まで一緒に頑張れなかったけど良い子でいてくれて良かった。
ありがとう。

お部屋でのんびりママ独占~


みんなで~先生も~

学生さん達からも素敵なメッセージ~

今日はママに入れてもらおうね~


はぁ~気持ちよか~
雄ちゃんがパパと遊びに来てくれました!

ちゅ~ッ☆いっぱい遊ぼうね!

元気いっぱい~2人とも~スクスクニコニコおっきくなぁれ~