穂乃歌(ほのか)ちゃん

11月 5日 午前10時 58分 3474g
元気いっぱい生まれてきました。

お名前の由来
妊娠中にpapaと2つの名前を考えていました。
生まれたら顔を見て決めようと話していました。
(実はmamaは、ほのかちゃんがいいなぁとずっと思っていたんだけどね。)
生まれた顔を見て「ほのかちゃんだぁ」と思ったけどpapaはちょっと
迷っていました。
虫明先生と名前の漢字について話すと、
『穂乃歌ちゃんいいね!』の一言で決定
虫明先生に名付け親になってもらいました。
悠太兄ちゃんにも『心』の字が入り、穂乃歌にも『心』の字が入り
心の優しい子に育ってもらいたいという願いも込めて

ママ~
お産どうでしたか?
とってもとってもステキな感動いっぱいのお産でした。
たんぽぽさんとの出会いは3年前の事。
悠太(第1子)のお乳トラブルがありたんぽぽさんの事を聞いて来ました。
毎日泣いていた日々、たんぽぽさんでお産して退院される方の笑顔がとても
印象的でした。
お乳た体の不調で疲れきっていた私を助けてくれたのが虫明先生でした。
赤ちゃん妊娠出来たら虫明先生にとりあげてもらおうと約束して3年、
穂乃歌ちゃんをみごもり切迫で自宅安静、その后仕事復帰して1ヵ月后切迫で病院へ入院。
点滴もなかなかとれず、虫明先生との約束の願いが叶わないと思って入院中、何度も泣きました。
(思い出して書くだけで泣いてしまいます。)
虫明先生に色々入院中もアドバイスをもらい無事退院、
39週と3日目、妊婦健診で虫明先生に『いつ生まれてもいいよ。』と声をかけてもらい、
その次の日朝、陣痛が始まり、車で来院、虫明先生が待ってくれていました。
10分、6分間隔と陣痛の波も短くなり、いよいよ本格的な陣痛が来院して
ずっと虫明先生が声をかけてくれて、痛いところに手をあててくれて
虫明先生、パパ、学生さん みんなに支えられ、助けられ、穂乃歌ちゃんはツルリと
産まれ元気な産声をあげました。
感動はのちのち湧きあがってきて虫明先生を抱きしめちゃいました。
とっても気持ちのいい、あたたかいお産が出来て虫明先生に赤ちゃんをとりあげてもらえて
幸せいっぱいです
みなさんありがとう。
一生忘れることのないお産です。

ママからパパへ
7月に切迫で入院した時、仕事もとっても忙しかったのに
悠太のお世話に私の事も気にかけてくれて色々と支えてくれてありがとう。
穂乃歌ちゃんを授かり、これからももっともっと幸せになろうね。
ありがとう

パパからママへ
ママ穂乃歌を産んでくれてありがとう。
これかからも育児頑張ってね。
幸せな家族になろうね。

パパ&ママより穂乃歌ちゃんへ
穂乃歌ちゃん、妊娠中色々なことがあったけど元気に生まれてきてくれて
ありがとう。 パパもママも穂乃歌ちゃんを大切に育てるからね。
お兄ちゃんの悠太くんと4人家族になって幸せになろうね。
悠太(3才)が出産当日、穂乃歌ちゃんに話かけた言葉
『赤ちゃん、生まれてきてくれてありがとう。』
『パパとママと悠太は幸せになるからね。』と声をかけていたんだよ。
パパ、ママはうんちのケア中に突然悠太が言った言葉にビックリ
やさしいお兄ちゃんになってくれると思った瞬間でした