晴登(はると)くん

2012年 11月 27日 午後9時 17分 3048g。
元気いっぱい産まれてきました。

お名前の由来
「晴」れわたる空のような、明るい未来に向かって
人生の階段を一歩ずつ、しっかりと「登」っていってほしい。
お兄ちゃんの時と同様、お父さんが名前を考えて
お母さんが漢字を考えました。

ママへお産どうでしたか?
「たんぽぽ助産院は素敵なトコロだよ
数年前に実習先としてたんぽぽでお世話になった妹から、
そんな話を聞いたのは、第1子を妊娠した時のこと。
「たんぽぽ助産院」は、私にとってとても気になる存在でしたが…
岡山に住んでいた事もあり1人目は岡山の病院で出産。
それでも、とてもとても気になったので
第一子妊娠中にテルミ―をあててもらいに初めてたんぽぽ助産院を訪れました。
病院とは違うとってもあたたかい雰囲気…
とても話やすいたんぽぽのスタッフの皆さん。
いつか、ここで出産できたらいいなぁーと思いました。
第1子出産後、旦那の実家、鴨方へ戻ってきたこともあり、
おっぱいでたんぽぽを訪れるように… その後第2子の妊娠がわかり…
「次は絶対たんぽぽで産みたい」と決めていた私。
でもその思いとは裏腹に初期での切迫流産
不安な気持ちを虫明さんに聞いてもらい、たくさん心強い言葉をもらい…

無事たんぽぽ助産院での出産の日を迎えました。
臨月に入ってからは、足浴に通ったりお灸と針をしてもらったりと…
出産するその日に向かってとても前向きに楽しく、たんぽぽのスタッフさん達と
過ごす事ができました。
出産当日は、1人目を産んだ時には考えられないくらい気持ちに余裕があり、
部屋で旦那と子供とゆっくりと陣痛を待ちながら過ごしました。
(旦那曰く、旅館に来てる気分だそです)。
「次の日が満月、夜の10時くらいが大潮だからきっとそのくらいに産まれるよ
なかなか陣痛がすすまない中、その言葉を信じ歩いたり、階段を行ったり来たり、
スクワット…
夜の7時頃内診をしてもらい、その後「お風呂に入っておいで。」と虫明さん。
言われるがまま、お風呂に入って出たら…
どんどん陣痛の波が来る×2
あっという間のスピード出産でしたが、旦那さんと子供に囲まれて
とても幸せなお産ができました
本当にありがとうございました

ママからパパへ
1人目出産の時ずっとそばで腰をさすってくれとても心強かった、お父さんの存在…。
2人目出産の時にも、お父さんなしでは考えられない…
という私の思いに答えてくれて、仕事がとても忙しい中
どうにか休みをとって一緒にいてくれてありがとう。
おかげで家族3人そろって、新しい4人目の家族を迎えられるという
とても幸せなお産になりました。
これからも力を合わせてがんばろうね。

パパからママへ
大変だったけど、おつかれ様。
2人目ができたって聞いてメチャクチャ嬉しかったのを思い出したよ。
晴登が産まれて家族が3人から4人になって、これから生活していくのが楽しみだね。
今まで家の事を任せっきりだったけど、できることはやりますんでご指導お願いします。
本当にありがとう。

パパ&ママより晴登くんへ
晴くん、私達の家族のもとへ来てくれてありがとう。
お父さんにそっくりなお兄ちゃん(律希)。
お兄ちゃんにそっくりな、はるくん。(=2人ともお父さんにそっくり。)
そんな3人に囲まれて、お母さんは幸せです
これから兄弟2人、どんな風に成長していくのかお父さんとお母さんは
楽しみでたまりません。
元気いっぱい大きくなってね