唯(ゆい)ちゃん

2012年 11月 27日 午前10時 24分 2930g。
元気いっぱい産まれました。

お名前の由来
長女 媛(あの)はお母さんの名前の「あ」をとって付けたので
次女 唯(ゆい)はお母さんの名前の「ゆ」をとって名前を考えました。
ゆいという響きが可愛いいなと思い、漢字は画数を見て決めました。
大原家唯一の次女として、優しい子になって欲しいと思います。

ママへお産どうでしたか?
すごく贅沢なお産でした。
最初から最後まで腰をさすってもらえて、陣痛が和らいで長女の出産の時にはなかった
手の温もりを感じた出産でした。
今回は自分の中では冷静に出産に向き合えた気がします。
ただ出産時に入れた、尿道カテーテルの痛みが強く、もうろうとした中で
「おちんちんが痛い」と叫んでしまった事がとても恥ずかしく、
主人が「空気の流れが一瞬止まったで。」と後に言われ、笑いが止まらず、
一生言われるんだろうなと思います。いい思い出です
入院中、食事も一粒残らずおいしく頂き、ありとあらゆるサービスを受け、
身も心もほぐれて退院出来る事を感謝しています。
今まで生きてきた中で、人の温もり、人とのつながり、人への感謝の気持ちの大切さを
実感した時間はありません。
今回ここで色々な気持ちをこれからの人生へ生かしたいと思います。
スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

ママからパパへ
豪との子供を二人産めて本当に幸せです。
お産に立ち合ってもらって助けてもらえた事に感謝しています。
これから4人家族仲良く、楽しく生活していきましょう。
三人目、男の子が産めたらいいネ。

パパからママへ
血は命なり。

パパ&ママより唯ちゃんへ
お父さん、お母さん、媛にとってかけがえのない存在である唯ちゃん。
これからの人生家族助け合って色々な事を乗り越えて楽しい人生にしようネ。
唯ができた時、家族、周りの皆がすごく喜んで、産まれるのを今か今かと
待っていました。
こんなにも祝福されて唯は幸せ者だと思います。
優しい子に育って下さい。(母より)
※宝です。 (父より)