彩奈(あやな)ちゃん☆

12月29日  0時11分
3442g 元気いっぱい生まれてきました~
妊婦健診~国定さんとッ☆

妊婦健診中、舩橋さんとのお話はとても楽しかったです。
熱心にいろんな事を勉強されていて
私たちもたくさんの事を教えてもらいましたッ。
日高さん&虫明さんとッ☆

37週になったらお産になるかも!?と、みんな思っていましたが
彩奈ちゃんは予定日の3日前までのんびりとママのお腹で大きくなってくれました。
今回のお産は、1人目、2人目のお産経験を生かして、
リラックスして臨めたお産となりました。
3人目のお産は、以下のような始まりとなりました。
予定日(2011年元旦)の4日前の夜21時半頃、
拓海(たくみ:次男)を寝かしつけようと
いつものようにお乳をしゃぶらせていた時、
突然、強い痛みが下腹部にやってきて、
横たわったままの動けない体で、必死に痛みをこらえていました。
あまりの痛さに、
『やばい!本当の陣痛かも!今すぐ助産院行かなくちゃ!!』
と思いました。
もう1回強い張りと痛みがやってきた後で、ようやく拓海が寝て、
すぐに身を起してパパのもとへ行って、
「痛い。すごく痛い。助産院行こう。電話して」と伝えました。
子供達もお産に立ち会ってほしかったけど、
勇人(はやと:長男)が熱を出していたため、
そのまま寝かせて、私たち夫婦で準備をして
22時半頃、家を出ました。
23時頃、助産院に着いて、
日高さんが玄関の外で迎えてくださっていました。
陣痛がやってくるたびに立ち止まり、日高さんが腰をさすって下さり、
陣痛の合間に少しずつ歩いて行って、内診を受けて、
子宮口が4.5cm開いていることがわかりました。
その後、ゆっくりと階段を上り、お部屋へ入ってパジャマに着替えました。
23時40分頃、分娩室へ入り、
ひとまず座ったけれど、すぐに次の陣痛がやってきて、
それからはずっと『パパを逃がすまい!!』と、
パパにもたれかかるようにしがみついて、立ち続けていました。
陣痛がくるたびに、パパの肩に置いた手をぎゅっと握りしめて、
同時に背中や腰辺りを、日高さんや越知さんがさすって下さり、
どんなに楽になれてありがたかったことか・・・
日高さんが、「いきみたかったらいきんでいいよ」と
メッセージボードに書いて下さり、いきみたくなる時を待ちました。
パパに支えてもらって、立ったままのお産でした。

入院された時から陣痛がくるとパパに支えてもらって頑張っておられました。
力も上手に入って、まんまるの彩奈ちゃんも陣痛に合わせて
上手に元気に生まれてきてくれました。
しばらくして、強い痛みとともに私の下に
何かが出てきているような感覚がして、
『頭が出てきたんじゃないの!?』と思ったけど、
虫明さんのメッセージボードによると、「頭まだ」と書かれて、
『えーーっ!?じゃあ、一体何なの!??』と、
私の下にあるものが知りたくてたまりませんでした。
『何かが出てきていて、とても熱い感覚があるのに、おかしい!!』
と思いつつ、次のいきみで、
パーンっと勢いよく破水をしました。
(私の下にあったというものは、卵膜に包まれたままの赤ちゃんが、
おでこ辺りまで出かかっていたものでした。)
すぐに、虫明さんがメッセージボードに「破水した!」と書かれて、
私も涙目で「破水した」と声に出して言いました。
続いて、「頭見えてきた!」「頑張れ!」と書かれて、
『もうすぐだ!がんばれ!!』と奮い立たせ、
2回ほどいきんで、するすると出てきたようなきがします。
頭がすべて出るのがわかると、
他の体も一気に出てくるのを感じて、
思わずパジャマの裾を急いでめくりあげて、
産まれてきた我が子を見て、
感動と安堵の小さな声が出ました。
29日に入ったばかりの、午前0時11分、誕生の時でした。
今回のお産では、立って産みたいという希望がありました。
立って産むことのメリットは、
重力がかかって産みやすい=スムーズにお産ができることです。
その方がいきみやすく、
赤ちゃんも重力の力を借りられるので、下りていきやすいそうです。
もしかしたら、3人目ということもあってか、
お産の進みが早かったのかもしれないけど、
赤ちゃんにとって、“下に下りてきやすい”ということは、
良いポイントになったと思います。
私も長時間の陣痛と分娩時間を経ることなく、
赤ちゃんがすんなりと産まれてきてくれたので、
お互いの体に余計な負担(力)をかけることなく、
スムーズなお産ができたと思います。
結果、自分の臨めるスタイルで産むことができてよかったなぁと思いました。
そのまま彩奈ちゃんを胸に抱っこ、よく頑張りましたね。

産み終えて彩奈ちゃんをしっかり抱っこされたママの笑顔、
とっても素敵でした。
ママもパパも赤ちゃんも本当にお疲れさまでした。
赤ちゃんが出てきて、私のお腹の中で繋がったままの
へその緒が揺れるのを感じながら、
ゆっくりと座って赤ちゃんを抱っこしました。
とてもぬくぬくして温かく、
羊水の独特の匂いなのでしょうか、
「お腹の中にいた」という匂いがしました。
とても不思議な、忘れられない匂いで
『自分も遠い昔、お母さんのお腹の中にいたんだ』
という、懐かしい記憶に
タイムスリップさせられた瞬間でした。
そして、生まれてからのお楽しみということで、
聞いていなかった性別を知る瞬間がきました。
女の子と分かり、男の子を立て続けに産んだ私は、
しばらくの間、『夢みたい…女の子…不思議だぁ…』
と、夢うつつの中をさまよっているような気分でした。
最終的に、私の体も心もベストな状態でお産を迎えて、
旦那さんと信頼する助産師さんに囲まれて、
リラックスして臨むことができて、
本当に幸せなお産ができました。
カンガルーケア☆

性別も確認~
パパびっくり!の女の子でしたねッ
パパ、陣痛がきて、車に乗った時から、
ずっと手を握ってくれてありがとう。
助産院へ着くまでに、一時も離さなかったね。
陣痛がくるたびに、パパの手をぎゅっと握りしめたね。
パパに力を預けて、蓄えて、
どんなにリラックスできたことか・・・
もちろん、陣痛はとても痛いんだけど、
パパが居てくれて、赤ちゃんと一緒に頑張っているんだという、
三位一体の繋がりが保たれていたような気がする。
私ひとりじゃないんだ。
パパが側に居てくれるんだという心強さがあったよ。
助産院に着いて、立って産みたいという私の願いのままに、
陣痛がくると、パパの肩に手を置いて、
ぎゅっと握りしめて離さなかったね。
パパも私も、ほとんど座ることがなかったね。
陣痛の間は、座っているより、
立ってパパにもたれかかっている方がラクだったんだ。
パパに身を預けて、
助産師さんに背中から腰をさすってもらい、
みんなが私と赤ちゃんの頑張りを見守ってくれて、
応援してくれて、本当にうれしく思い、
幸せなお産を迎えることができたよ。
破水した時、パパのズボンが濡れちゃった事を
後から聞いたけど、ごめんね~(笑)
けど、パパも破水した時、
ズボンにかけられた羊水を、
『あったかいなぁ~』と感じたんだよね。
お腹の中にあったものだから、
あったかい(ぬくい)んだよね。
でも、その後「乾いて冷たかった」と言っていたね。
ごめんね~(笑)
けど、これも良き(笑い)思い出になったと思います。
彩奈ちゃんが大きくなった時、
「パパは、彩奈が産まれる時、こんなことがあったんだ」って、
話せるエピソードがひとつ、ふたつ・・・と、
生まれたものね(笑)
お産に立ち会ってくれた
パパでしか経験できないことだものね。
陣痛がどんどん強くなる度に、
私がパパの肩に入れる力も強くなって、
「痛かった」とも言ってたね。ごめんね~(笑)
お互い痛いのを共有しあっていたね(笑)
そして、産まれてきてた我が子は、
パパも私もびっくりの女の子だったね。
パパ、エコーで男の子と思っていたようだったけど、
いったい、どの部分を、おちんちんと見ていたのだろうと思うと、
ちょっと面白かったよ(笑)
ちなみに、私はエコーを見ても最後まで
どちらなのか分からなかったよ。
パパは、早くも将来を心配しているようだけど、
初めての女の子、これからどんな風に育って、
成長していくのか、とても楽しみだね。
へその緒カットはパパのお仕事ですッ。

3人目にして初!!パパのおヘソカット~
良かったね、彩奈ちゃん。
そうだ、パパ、へその緒を切ったの、初めての体験だったね!
へその緒は固いと聞いているけど、はさみを握った時、
どんな感触がしたり、どんな気分がしたかなぁ、
また教えてね。
最後に、パパが居てくれて本当に嬉しかった。
陣痛の苦痛を、私の前に向き合ってくれた
パパという存在だけの力で、
リラックスに変えられる事ができた。
ずっと付き添ってくれてありがとう・・・。
本当にありがとう・・・。
これからも力を合わせて、
山あり谷ありの子育て、育児(育自)、
ともにもがきながら頑張っていこうね&よろしくね。
チョッキン独り立ち~

明日佳が立ったままで赤ちゃんを産むとは
思っていなかったので、びっくりしました。
助産院に着いてから産まれるまでの時間も、
想像していたより短かったので、
これもびっくりしました。
でも、立ち会っている時は長く感じました。
時間を見ていると意外に時間がたってないみたいな感じでした。
破水した時、羊水が足にかかって、それがあったかかったです。
産まれた時はホッとしました。
男の子だと思い込んでいたのですが、
よく見ると女の子で、かなりびっくりしました。
母子ともに元気で安心した。
今回が3回目のお産で、立ち会いは2回目でしたが、
1度も同じような事がないのですね。
毎回違った事が起きて驚きの連続です。
母子ともに元気で良かった。
ありがとう。おつかれさまでした。
これからも一緒に頑張っていこう。
お兄ちゃん達は、
お産の後、ママにも彩奈にもほとんど会えていないので、
まだ実感がわいてこないと思いますが、
2人とも喜んでいます。
早くママと彩奈に会わせてあげたいです。
彩奈、元気に産まれてきてくれてありがとう。
初めての女の子なので、
戸惑うことが多いと思うけどよろしく。
楽しく毎日を過ごせたらいいなって思います。
みんな来てくれました~

カンガルーケアしながら皆で記念撮影~
あっという間のお産にご家族もビックリでした。
パッチリおめめ~

「彩」美しいいろどり、輝き
「奈」神棚にお供えする植物の意がある
“あやな”という優しい響きが気に入ったのと、
上2つの漢字を合わせると、
あやなちゃんの周りには、
美しい彩りに富んだ花々が咲いていて、
出逢う人、1人1人に、お花を渡していく姿が浮かびました。
そして、あやなちゃんも出逢った人々も、
ずっと幸せで輝いていられるようにという
願いを込めて、『彩奈』と名付けました。
ずっとお腹の中にいた彩奈ちゃん、やっと会えたね。
パパとママのもとへ産まれてきてくれてありがとう。
あなたが生まれてきた時、とても元気よく泣く声が、
小さなお部屋中を通して響いてくるのが伝わってきました。
あぁ、元気だなぁと、とても嬉しく思いました。
おなかの中にいた時も、あなたは、
毎日活発に動き回っていましたよ。
3人の中でも一番大きくて、
将来、おてんば娘になりそうな予感です。
これからどんな風に育っていくのだろうと、
成長を楽しみにしています。
まずは、2人のお兄ちゃん達にもまれて、
すくすく育っていこうね(笑)
8人の大家族になった我が家に、
ようこそ!彩奈ちゃん!
1時間半の差でお産されたお2人です~たんぽぽで新しい年を迎えました。

香楓ちゃんのママと~
入院中は、初めて助産院で年を越した日々でしたが、
助産師さん達の気遣いと笑顔、
千恵ちゃんのウサギ姿、
季節感を思い出させてくれるお食事に癒されました。
(年越し蕎麦に、お雑煮に、おせち料理っ!)
本当にありがとうございました。

勇人(5歳4ヶ月)は、
赤ちゃんがお腹の中にいる時から、
ずっと、「赤ちゃんが産まれてくるのを見てみたい」
と、言っていたね。
残念ながら、お産の兆候がきた時、
勇人は熱を出していて、立ち会えなくなったけど、
元旦に助産院へ会いに来てくれた時、
勇人が、眠っている赤ちゃんを初めて見た
瞬間の表情を、ママはよく覚えています。
赤ちゃんを見るや否や、とても照れくさそうな、
嬉しそうな&不思議そうな顔も混じった表情をして、
軽く折り曲げた指をお口にあてていましたよ。
その後、おばあさんに抱かれてた
拓海も来てくれたね。
お昼寝の途中だったようで、
久し振りに会うママと、見た事のないお部屋の中を見て、
何が何だか分からず、まだボーっとしている様な感じだったね(笑)
けどパパが、「写真を撮ろう」と言って、
すぐに赤ちゃんを起して皆で記念撮影をしたね。
すると、勇人も拓海も、
赤ちゃんを一生懸命見ようと、
なでなで攻撃が始まったね(笑)
彩奈ちゃんのいろんな所を触りまくり、
なでなでしまくり、こちょこちょしまくり、
チューしまくり、抱っこしまくりで、
見ていてとっても微笑ましかったよ。
こんなにも可愛がってくれるなんて・・・と、
ママは嬉しかったです。
拓海は当時2歳4ヶ月で、
産まれてきた赤ちゃんの存在を
どんな風に捉えるのかなぁと気になっていたけど、
ママの心配をよそに、とても喜んでくれたように思えます。
というよりは、自分よりも小さな命の存在に、
好奇心いっぱいだったのかもしれないね。
時々、ママの小さくなったお腹をなでなでしていたね。
あんなに大きく膨らんでいたママのお腹が、
小さくなって、その中に入っていた赤ちゃんが、
ここに出てきているんだという事を、
何度も確かめようとしていたね。
この間まで、一番下だった拓海が、
急にお兄ちゃんらしくなった様に
見えた瞬間でもありました。
勇人は、2人のお兄ちゃんとなり、
拓海は、初めて下に妹ができて
お兄ちゃんになったね。
これから、3人兄妹、仲良く、時にはケンカもして、
賑やかで笑いの絶えない日々が
始まることを楽しみにしています。

元気いっぱい退院です。
このメッセージを書いている現在、
ママは里帰り中で実家に居ます。
元旦に勇人と拓海が助産院へ会いに来てくれて以来、
子供達には会っていません。
助産院へ1ヶ月健診に行く予定で、
パパがママと彩奈ちゃんを実家まで迎えに来てくれます。
健診が終わったら、勇人と拓海の待つお家へ帰ります。
26日ぶりの再会、
そして、ママは1ヶ月ぶりのお家となります。
子供達とこんなにも長く離れたのは初めてです。
当初は、もっと早く帰ると思っていたのだけど・・・
ママには計り知れない、寂しい思い、
我慢をさせたかもしれません。
けど、勇人も拓海も、
じっと待ちこらえて、待ってくれて、
ありがとう。
どんない大きくなった事でしょう。
帰ったら、ギュッと抱きしめてやりたいです。
一番したいです。
お兄ちゃん達とは、
彩奈ちゃんが生まれて、
1ヶ月が経つというのに、
これでやっと2回目の再会だね(笑)
元旦に見た彩奈ちゃん。
あれから、おっきくなったように感じるかな?
これからは、毎日そばに居るよ。
ママも、勇人と拓海のそばに居ます。
明日からは、また毎日のように、
あなたたちの顔がみられる。
とってもうれしいね。
勇人、拓海、可愛い妹の彩奈ちゃんを、
ずっとずっと大事にしてあげてね。
よろしくね。