2000/4月・・・母乳で育ててよかった (晴香のママより)

子どもが3か月になるまで、私は何度も乳腺炎になり、つらい思いをしました。
お乳が残ってしこりができてしまうので、授乳後は必ず何分もかけて搾乳、搾乳の毎日でした。
その上、母乳がまずいためか子どもが噛んで乳首を傷つけてしまい、痛みをこらえながら授乳していました。(本当にこれはつらかった!)

そんな日が続いて、肉体的にも精神的にもボロボロになり、なんだか出口のないトンネルに入ったようで、かなりストレスがたまりました。
ストレスがたまると悪いほうへ悪い方へと考えがちになり、『母乳をやめてミルクにしようかな』とか、『外に出たいけどで搾乳できないから諦めよう』等など、自分でも信じられないくらいネクラになっていきました。

そんな時、たんぽぽ助産院を紹介していただいて、わらにもすがるような思いで行きました。

行ってみると、とてもフレンドリーでラブリーな明るいスタッフの方々が迎えてくださいました。(詳しくはこのホームページにのってるよ。)
そして、私に合った方法を色々と丁寧に教えてくれました。

それからは乳腺炎は再発していませんが、週に一度予防のため、マッサージとスタッフの方々の元気をいただきに通っています。
また、おっぱいにしこりができて、つまりそうになった時は、電話して行くようにしています。

トラブルがあったらすぐ相談に乗ってくれる人がいるということは、とても心強いです。
いまでは、母乳で育てて本当に良かったと思っています。