2005/4月 2005年4月23日(土)18時33分 次男:悠叶(はると)誕生

■私がたんぽぽを選んだ理由■

(1)自然分娩

(2)母乳育児(他で産んだ人でも受け入れている点)
”おっぱい触って20年”このフレーズに惹かれました。

(3)HPの可愛さ・内容

今回の妊娠に気付いた時、「前回の吸引+分娩台に上がってお腹を心臓マッサージのようにガンガン押され、会陰切開したのに裂けまくるわ・・・母子手帳には”軟産道強じん、過短さい帯”と書かれ、なんじゃこりゃ!?と思いつつ聞けないし、黄疸がひどく母乳もやめてしまい、苦い経験をした事」がひどく引っかかってて、次こそは絶対満足のいくお産を!!と思ってたところ(3)を発見、すぐ受診。これがたんぽぽ助産院との出会いのきっかけでした。(実は仕事中に皆の目を盗んでこっそり見つけた次第です。メロディー付きだったので、ハラハラしながら見てました。)

■お産■

1、分娩

”お布団の上で好きな姿勢で・・・”この言葉に惹かれつつもどうなんだろうと一抹の不安を抱えてはいましたが、虫明さん&国定さん&出井さんが見守る中、「横になってみる?上向いた方が出るのは早ぇ~と思うけどなぁ。」などとアドバイスをもらい「息をはく所はふぅ~ふぅ~、力抜いてええよぉ~」と言って誘導してもらって、主人が来るまで手を握ってもらい、立ち会ってそばにいてほしかった主人がいなくても、とても心強かったです。コラーゲン入りのオレンジ味のウィダーインゼリーにする?それともマスカット味の・・・なんて会話も間がなく襲ってくる陣痛を紛わしてくれる一言でもありました。温かいタオルでおしりを押さえてもらってたのは、いきみたい時のタイミングが自分でコントロールしやすく、私にとって効果絶大。だから冷静でいられたのかも。

主人到着後(この時、3才の長男も一緒に分娩室に入ってきましたが、異様な光景に顔がこわばって下降りる~!と言って出て行きました。)1時間ほどで無事出産!(産後6時間、分娩室にいる間)

「ご主人、へその緒切られます?」と聞かれ、そんな事ができるとは私も知らなかったので主人は初めて我が子のへその緒を切る場面に遭遇し躊躇してましたが、私の一声で素直に応じてました。

分娩室に戻ってきた長男は、
「ママにご飯食べさせてあげる~!」と言って使えないはしを一生懸命口に運んでくれ、部屋から出て行く際には何ていうのかと思ったら、

「赤ちゃんよしよししとってな。」と言ってくれたり、
「ママにとんとんしてもらって寝る~」と甘えてみたり、かわいいお兄ちゃんぶりを発揮してました。分娩室で親子4人横になり新しく加わった家族を囲みながら、助産院ならではの醍醐味よな~と思い、幸せのひと時を感じる瞬間でもありました。

会陰切開

「おしもちょっと切れたからピンで止めとくね~。ちょっとチクっとするかもごめんね。」と言われ、確かにチクっとはしましたが、すぐ終了。え!?これでいいの?って感じ。それが不思議なもので分娩から3日後ピンをとってもらって超~すっきり。

「テルミーもしっかりやっておいて、治りが違うけぇ。」と言われてたから忠実に実行。毎回トイレに行くのも苦じゃなくなり、

「おしももきれいに治っとるね」と言われ安心。後から虫明さんに聞いた話。前回の縫い合わせた所がしこりの様に残ってて(恐ろしい!!)分娩時そこを注意して国定さんが出口を上手に広げてくれてたの。出口はどっちかというと若干狭めだから少し切れちゃったけど、と言われ納得。同時に自分の体の事を知り得ることができました。(←陣痛の痛みに耐えながらも出かかってるのを出しやすくしようとして広げてるなぁとは感じてました。)

2、母乳

長男は黄疸がひどくほとんど飲ませないまま自己断乳。2人目といっても母乳育児初心者。初日から?飲みによる乳首トラブル。ひぃひぃ言いながら頑張って吸わせてると、今度はお椀がのったみたいな立体的なおっぱいは嬉しかったけど、横を向いて寝ても腕を伸ばしただけでも痛いくらい。その後の大森さんの手厚~い授乳指導のおかげ&漢方効果もあいまって次の日は柔らか~いおっぱいに大変身!!これにはビックリ。4日目のおっぱいマッサージからビュ~ビュ~飛び、悠叶がコクンコクンしながら力強く吸ってくれてる姿を見るたび、「あ、出てるんだ」と思えるようになりました。虫明さんに教わったおっぱいの飲ませ方、手入れ、食事など注意して頑張りたいと思います。

■最後に・・・■

産後のひだちが悪く、その後強い薬の副作用もともなって精神病を患い入退院を繰り返す母の愛情をほとんど知らず育った私。岡山弁が飛び交い、家庭の延長みたいなアットホームな雰囲気、それぞれ魅力的なキャラを持った素敵な信頼おけるスタッフの皆様に支えられながら心地よく過ごせ、長谷川さん・池田さんが作ってくれる手料理の数々・・・愛情いっぱいでとてもおいしかったです。お乳を詰まらせる油(脂)・乳製品・もち(もち粉)には気をつけたいと思います。HPで偶然見つけた『たんぽぽ助産院』とめぐり会えて本当によかったなぁと感じています。これから先もファンとして、リピーターとして通い続けます!!本当にお世話になりました。そしてまた、偶然にも出産日が父の誕生日と重なり、男手一つで苦労しながら育ててくれた年老いた父に少しでも恩返しできたような気持ちでいっぱいです。

”4月23日”私にとって一生忘れることのないこの日、この気持ち、ずっと大切にしていきたいと思います。

悠叶ママより